SCHEDULE

Round.01 山原サーキット

日程

2020年2月16日(日)

開催クラス

エキスパートクラス/ミドルクラス

募集台数 40台(予定)

※保険の関係で今シーズンより原則、参加車両はナンバーなし車両(車検なし 抹消済)のみとする。ナンバー付きの車両で参加を希望する場合、MSCが指定する保険に加入できる方のみとなりますので、予めご了承ください。

入場料

1,000円

スケジュール

6:30~ ゲートオープン/8:00~ ブリーフィング/9:00~ フリー走行開始(予定)

エントリー概要

1月15日(水)AM11:00~ 電話にて受付開始

フリーダイヤル 0120-555-247

電話でのエントリー受付後、下記のリンクよりエントリー用紙をダウンロードの上、FAXでMSCまでお送り下さい。

エントリーフィー

20,000円(税込)

Round.1 エントリー用紙ダウンロード

http://www.msccha.jp/pdf/2020_rd01-entry.pdf

車両運搬に関する誓約書 ダウンロード

http://www.msccha.jp/pdf/sekisai.pdf

審査員・MC

審査員ラビー西田

審査員今村陽一

審査員岩田和彦

MCさえばとむ
〒905-1502
沖縄県国頭郡国頭村字楚洲742−23
必読

★エントリーの前に必ずお読みください
現在、ニュース等で報道されておりますのでご存じの方もいらっしゃると思いますが、沖縄においてCSF(豚コレラ)が発生しています。山原サーキットは豚舎に隣接している関係で行政指導により止むを得ず大会が中止になる可能性がございます。CFSの拡大が無く行政指導が無い場合は開催できますが、事前にこのような状況をご理解の上でお申し込みください。
突然の中止の場合、エントリー費はご返金致しますが、MSCチャレンジに参加するための交通費など関連する経費に関しましては一切責任を持てませんので、ご理解の上で自己判断でお申込みください。また、本件に関して一切のクレームは受付出来ませんので予めご了承下さい。

走行・参加規定

【1】参加車両は基本的に車検に適合した車である事とする。
※原則、参加車両は車検なし車両(ナンバー無し)のみとする。車検ありの車両で参加する場合、MSCが指定する保険に加入できる方のみ参加が認められる。当日は車検がない車両で参加する場合は「抹消登録証」を、車検がある車両で参加する場合は「車検証」を当日、必ずお持ち下さい。
※積載車等に参加車両を積んでサーキットまで来られる参加者の方は、必ずコチラの「車両運搬に関する誓約書」も提出して下さい。
http://www.msccha.jp/pdf/sekisai.pdf
※仮ナンバーの車両では参加出来ませんのでご注意下さい。

【2】マフラーは各サーキットの音量規制に準じますが、消音効果のあるマフラー、及び法定必須の触媒が正しく装着されていること。
※直管マフラーの車両は走行できません。
※車検がある車(ナンバー付き車両)でサーキットまで乗って来る参加者は、車検適合の触媒装置の装着が厳守となるが、車検がない車(ナンバー無し車両)の場合は触媒が装着されていなくてもよい。また車検が残っていて、積載車等でサーキットまで運んで来ても、触媒装置が付いていない車両は違法改造車とみなしイベントへの参加はできないものとする。

【3】ブローバイガスの解放を禁止します(オイルキャッチタンクの装備)。

【4】大会での同乗走行は出来ません。

【5】4点以上のシートベルトの装着及び運転席側の窓は全閉にして下さい。

【6】車両前後に牽引フック(牽引用穴あきブラケット)を装備しなければならない(純正フックは不可。素材はスチール製、またはストラップタイプのもの)。

【7】コース施設内の器物破損については走行者本人に修復費を全額負担していただきます。

【8】参加する全ての車両は消火装置の搭載を義務づけるものとします。
※消火装置は内容量500g以上の粉末又は、AFFFの内容消火剤を使用したものに限り、簡易なスプレータイプなどは認められません。消火装置はその有効期限内の物のみに限ります。

【9】長袖・長ズボン・運転に適したシューズを着用していること。
※エキスパートクラスはレーシングスーツの着用を推奨します。

【10】エキスパートクラスに参加する車両は上記以外に、運転席側に1本以上のサイドバーを装備すること。
※大会当日、触媒の有無、消火装置の搭載、4点シートベルト装着等の車検を行います。また、走行終了後にも上位入賞者は後車検を行う場合がありますので、予めご了承ください。
※エキスパートクラスの出場はレーシングスーツの着用を推奨します。

その他、大会基本規則も必ずご覧下さい。